POPERPOPER

成績の良い生徒を逃さない方法

成績の良い生徒が個人塾に来る理由

こんにちわ。

前回の記事では「成績の良い子は個人塾には中々来ませんよ」と言いましたが、もちろん「成績の良い子」も時として個人塾に来ることがあります。なぜ「安心感」のない個人塾に成績の良い子が来るのでしょうか。その理由は1つ。家と塾が近いから、ということです。

特に小学生の女の子のご両親は、娘が街中を一人で歩るくことを嫌うでしょう。そうなると、家から近い塾を選ぶのが、安全対策上もっとも合理的な判断となります。こういった理由ですから、「成績の良い子」が個人塾に来たのは自分達の実力でも何でもなく、運以外の何物でもありません。だからこそ「ラッキー!!自分はなんて幸運なんだ!!」と心の中で叫び、その生徒を大事に育てていく必要が生じてきます。

成績の良い生徒が辞めてしまいやすい理由

ただし、ここで問題が起こります。成績の良い子が来たとしても、周りの生徒はみんな成績が悪く、素行も悪い生徒ばかり。そうなると、せっかく成績の良い子が来たのに、「塾は、とってもうるさい。塾に来ている他の生徒のレベルが低い」という事実が親に知られてしまうのは時間の問題です。そういった事実を親が認識すると、たとえ安全対策上の理由であったとしても塾を辞めてしまう可能性は飛躍的に高まります。

そもそも潤沢なキャッシュを持っている個人塾ならば、成績の悪い生徒は入塾させず、成績の良い生徒だけ入塾させるという戦略もとれるわけです。ですが、ほとんどの個人塾では、そんなにお金を持っているわけではないので、成績の良い生徒だけを待ちつづけていては生活が立ちゆかないのです。ですから、どうしても以前でも指摘したように、「成績の悪い生徒」の面倒を見ていかなければならないのです。

成績の良い子を大事にするために、成績の悪い子を上手くマネジメントする

となると、「成績の悪い生徒や素行の悪い生徒」と「成績の良い生徒」が混じったとしても、問題なく授業を進行させ、みんなが一生懸命取り組む雰囲気を作っていかなければならないのです。

つまり、個人塾にとって、「成績の悪い生徒や素行の悪い生徒」を上手くマネジメントできることが、「成績の良い生徒」を大事に育てていくためにも必要になってくるという結論となります。もちろん、講師を雇い、成績の良い悪いでクラス分けをさせるという方法もありますが、生徒の絶対数が少ない状態でクラス分けをするのは経営的にかなり不合理な判断となるので行うべきではないと個人的には考えます。

やはり、自分達の経営能力を高めるという意図も含めて「成績の悪い生徒や素行の悪い生徒」と上手く向き合っていかなければなりません。そして、それが(あくまで個人塾という限定でありますが)成績の良い生徒のためにもなるのです。

少し、成績の悪い生徒と向き合う「意義」ばかりを述べてしまったようです。次回は、成績の悪い生徒と上手く向き合っていくための具体的な方法について述べさせていただきますね。

それでは、またの機会に。

author
About author

お気軽にお問い合わせ下さい

製品の詳しい説明、ご予算に合わせたサービス提供など、何でもお気軽にお問い合わせ下さい

ご担当者のお名前 (必須)

塾のお名前 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容
デモを試してみたい資料を頂きたいどんなサービスか知りたいその他

上記以外に何かお聞きしたいことがございましたら、ご自由に記載下さい