POPERPOPER

論理的思考力を鍛えるという欺瞞

以前より、一部で取り沙汰されていたことです。どうやら昨今の小学校教育において、割り算や掛け算における、「かける数」と「かけられる数」、「わる数と「わられる数」の判別を重視しているとのことで。

 

以下の記事が分かりやすいので引用します。(http://www.yukawanet.com/archives/4677729.html)


最近の小学校三年生の算数問題がなかなか理解不能だということで話題となっております。問題となっているのものはこちらの計算式で、たとえば21÷7という問題に対し、何段の九九を使えば求まるかということだ。したがって、3×7もしくは7×3という答えを求める九九ということで回答者の子供は3の段と答えたようだが(3×7)答えは不正解のようだ。

Bno8tv6IMAAU9Cm
改めてこの問題を見てみると、21÷7に対し何段の九九を使って求めればよいかということだ。どうやらこの算数の答え「3」についてはあまり重要な問題ではなく、21÷7をどのように求めるのかということがポイントのようだ。したがって出題者の意図として以下のような式を想定している。

21÷7 を求めるには 7×3 =21 を前提として考える

つまり7の段でもとまりますよということのようだ。もちろん言い換えれば3の段ということでもよいのだが、順序としては7ということになるのであろうか。

―出題がおかしいのではないかという声

さてこの問題に関して投稿者や、閲覧者は「問題の意図がわからない」とコメントしている。投稿者によると『わる数』と『わられる数』、かけ算は『かける数』と『かけられる数』を区別して考えないといけないということで、その理論を踏まえると7ということになるようだ。

ちなみにこの問題に関して注釈には「知識・理解」と記載されている為、根本的な算数の答えを求めるというより論理的な文章の読み方や文法といった問題になってくるのかもしれない。

―先生は理由を教えなかった
息子に聞いたところ、採点した先生からは一切の解説は無く、「ここ間違ってるからやり直し」とだけ言われた子が多数。」

この投稿者によると先生は答えは教えてくれなかったとの事。親御としてももう少し明確な理由を知りたくなってきたのではなかろうか。

 


 

どうやら、この問題の意図は生徒の「論理的な文章の読み方や文法」を鍛えることを目的としているようです。

さて、私たちのような塾では、小学生→中学生→高校生となっていく姿を一貫して見届けられます。この経験の中で、論理的な思考力というものが、どのようにして発達していくのかということを少しだけ分かるような気がしています。この感覚の限りにおいて、こういった問題(「わる数」と「わられる数」を判別すること)が論理的思考力を鍛えるとは到底思えません。

 

そもそも論理的思考力とは

論理的思考力とは一体なんでしょうか。MECE(抜けなく漏れなく)やロジックツリーといったフレームワークに当てはめる力なのか。それもそうなのかもしれませんが、私たちは違った意見を持っています。結論を先に行ってしまえば、論理的思考力とは情緒力であるということです。

 

情緒力=論理的思考力?

この子は論理的だなぁ、と思う場合、その子は間違いなく情緒面が非常に発達しています。情緒面が発達しているとは、人の感情を読めたり、自分の感情を周りの状況に合わせてコントロールできたりする能力のことを指しています。

 

こういった能力こそが論理的思考力の正体であると思います。論理的思考力とは、「ある前提を基礎としてAならばB、BならばC」といった論理展開した場合の納得性の高さだと思います。つまりポイントは納得性の高さです。では納得性を決めるものは何か。それは、「前提の正しさ」と「“ならば”の裏に潜む展開の正当性」にこそ納得性が高いかどうかの判断基準があり、これこそが論理性を形作る最大の要因だと考えます。

 

そして、この「前提の正しさ」や「ならばの正当性」を担保するのは、言語的・抽象的・文法的な正しさではなく、生活世界における個別的・具体的な正しさであるでしょう。これは「風が吹けば桶屋がもうかる」の納得性が低い理由と同じことです。

 

つまり、どんなに学問的な世界で論理性を鍛えようと頑張っても、情緒面が発達していなければ可笑しな話しかできないのです。

 

逆に、情緒面が発達していると、自分がこれから展開しようとしている主張が、この生活世界に置いて、どんな位置づけにあり、どんな影響を及ぼす可能性があるのかということを瞬時に判断します。したがって、情緒のある子は、「風が吹けば桶屋がもうかる」のような話は絶対にしませんし、論理を武器に他人を傷つけたりもしません。

極端な話に聞こえるかもしれませんが、人間性が優れている子は論理的思考力を持った大人になっていくような気がしています。

 

よって、アカデミズムが論理的思考力を鍛えようとすること自体が欺瞞

こういうようなことで、アカデミックの世界で論理的思考力を鍛えようと意図することがナンセンスなのです。つまり、論理的思考を鍛えるという目的である限りにおいて、算数で割る数と割られる数について細かく教える必要はありません。

最近では論理的思考を鍛えることを目的とした塾もあるようですが、「論理的思考力を鍛える」という意味においては「ない」と思います。

 

一番大事なのは情緒を育むこと。これが教育に置いて一番大事だと思います。

 

author
About author

お気軽にお問い合わせ下さい

製品の詳しい説明、ご予算に合わせたサービス提供など、何でもお気軽にお問い合わせ下さい

ご担当者のお名前 (必須)

塾のお名前 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容
デモを試してみたい資料を頂きたいどんなサービスか知りたいその他

上記以外に何かお聞きしたいことがございましたら、ご自由に記載下さい

Monday-Friday 10:00~18:00

03-6892-1374